コーヒーを断ってみてわかったこと

ここ数カ月、どうも頻尿が続き前立腺の辺りが痛いと感じていた私でしたが、その理由がちょっとしたきっかけで判明し、改善した結果、ようやく楽になりました。

一時期は股間の違和感やジンジンとした痛み、膀胱辺りの重い不快感や頻尿等、下半身の症状に悩まされ続けていました。

一時はストレスや冷えが原因なのかと身体を温めたり、ロードワークで無理矢理気分転換を図ったのですが上手くいかず終い。

1ヶ月程前はとうとう泌尿器科を受診しようかと結論を出す一歩手前までいったのですが、そこから駄目元と、とある生活習慣を全て止めた結果、驚く程それらの症状が改善したのです。

それが毎日のコーヒー飲用を一切止めた事。

上記の症状に悩まされていた頃は、午前中だけで缶を含め4杯は平気でブラックコーヒーを飲んでいたものでしたが、それらを全て止め、息抜きで飲むにしても全て軽めの緑茶に切り替えたところ、それまでの不快感がスッと綺麗に抜けていったのです。

まさかコーヒーを止めただけでこれだけの効果が現れるとは思わず、正直ビックリしてしまいましたが、理由らしきものは分かります。

ブラックコーヒーが持つ利尿作用は相当強いもので、1杯、また1杯と絶え間なく飲んでいれば常に膀胱は満杯状態。次々に起こる尿意や尿の圧力で前立腺は常に刺激され、頻繁に尿が通る尿道も刺激でヒリヒリとし、休まる暇もありません。

これではいつまでも股間の違和感や不快感が消えないのも当たり前の事だったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です